SEO対策で検索上位表示

検索上位表示について

SEO(Search Engine Optimization)検索上位表示とは、検索結果の上位に表示させる為の対策のことを言います。ほとんどの方は、検索エンジンで調べる際、その関連キーワードを入力し検索して探します。検索ページで何番目/何ページ目に表示されているかが大切です。20ページ目以降に表示されていても全く意味が無いのと同じです。70%以上の方が上位に表示された20番目/2ページ目の中から目的の情報を探していると言われています。 2ページ目以内に着実に検索順位に入れば効果が現れていきます。

検索エンジンの種類

検索エンジン(サーチエンジン)の数は数百とありますが日本での大手検索エンジンはYahoo!、google、MSN、infoseekやgoo、livedoorな どの検索エンジンがあります。 日本では、 Yahoo!がシェア約66%、googleが約28%、その他はMSN/エムエスエヌ、infoseek/インフォシークやgoo/ グー、livedoor/ライブドアなどの検索エンジンで占めております。

検索エンジンのディレクトリー型

Webページを検索するためのデータベースを作成する際に、人手によってWebページに関する情報を収集して、内容に合わせてカテゴリーごとに分類してある。Yahoo!/ヤフーが 代表される検索エンジンですが、カテゴリーから検索していけば目的のWebサイトにアクセスする事が出来ます。運営者がWebサイトの内容をチェックしているので、情報が豊かなWebサイトを見つけやすい。ただし、人手に頼っている為、目的のWebサイトが登録されていないケースがまれにあります。

検索エンジンのロボット型

ロボットがインターネットのウェブ上を自動的に巡回してウェブページのデータを収集して、データベースを作成するタイプの事を言います。このタイプの代表はGoogle、MSN、goo、Infoseekなどです。ロボット型検索エンジンは、データ収集が自動で行われる為、情報量が非常に多い事で知られております。

アルゴリズムとは

検索エンジンにはアルゴリズムというものがありますが、これは検索エンジンに登録されているWebページをある一定の法則(アルゴリズム)によってindexを収集するものです。SEO対策をしていないサイトや被リンクに頼りすぎているサイトなどはこのアルゴリズムが変わった後に、大幅な順位変動がおきます。

ご興味のある、風俗店様はお気軽にお問い合わせ下さい。