対策方法・スパム行為とは

対策方法

タイトルタグの修正
タイトルの最適化
メタタグの修正
メタ情報に必要情報を挿入
h1タグ、ストロングタグなどの挿入
キーワードの強調
画像に関してのalt属性
画像に必要な情報を挿入
キーワードに関するアンカーテキスト挿入
キーワードでのリンク
リンクポピュラリティ向上
アンカーテキスト・外部優良サイトとのリンク
アルゴリズム対策
日々変化するアルゴリズムを研究。最適な対策方法をお客様のサイトに導入

スパム行為の意味

ロボット型検索エンジンでは、同じキーワードを含むたくさんのサイトの中で、「より優れている」と判断した順に検索結果ページに反映しています。その優れた ページを判断する基準を「アルゴリズム」と呼びます。そして「スパム行為」とはアルゴリズムを悪用し、故意にページの順位を操作することを指します。

SEOも、スパム行為を理解せずに対策すると、場合によっては検索エンジンにスパム行為を判断されてしまうこともあります。スパム行為をしていると判断されると、最悪の場合、登録を抹消されることもあり注意が必要です。

したがって、中途半端な知識でSEO対策を行ったり、異常に低価格なSEOサービスを利用するのは避けるのが懸命な判断だと思います。

どんな行為がSEOスパムなのか?

隠し文字(テキスト)
上位表示させたいキーワードを、背景色と同じ色の文字で埋め込む行為。そのため、ユーザーには文字が見えない。
キーワード反復
ページ内に、上位表示させたいキーワードを繰り返し大量に埋め込む行為。
極小文字(フォント)
ヒトの目では、見えないほどの小さな文字をホームページに埋め込む行為。
リダイレクト
任意のページに自動的にジャンプさせるしくみを組み込んだページ。
隠しリンク
ヒトの目では、認識できない大きさのリンクを埋め込むこと。
クローキング
ロボットにしか表示させないページを作成すること。 その他にも、リンクファーム等を使用するリンクスパム。さらに、meta(メタ)タグやtitle(タイトル)タグに表示させたいキーワードを詰め込むスパム行為が代表的です。

当社では?

上記スパム行為は一切行っておらず、Googleガイドラインに沿った対策を講じています。

参考 Google社の見解

Google社の「ウェブマスターのためのGoogle情報」では、悪質なSEOについても触れています。

  • 不正なリダイレクトを使って、ユーザーを1つのサイトに集中させるシャドードメインの作成
  • 誘導ページに他の顧客へのリンクを含めている
  • アドレスバーへのキーワード入力プログラムを販売している
  • 実際の検索結果と、検索結果に表示される広告との区別を明確にしていない
  • 掲載位置を保証するが、必然的に検索結果の上位になるような、曖昧で長いキーワードの場合に限る
  • 複数のエイリアスや偽造された WHOIS 情報を使用している
  • 虚偽の検索エンジン、スパイウェア、またはスカムウェアからトラフィックを得ている
  • Googleインデックスから削除されたドメインを所有している、またはSEO自身がGoogleに登録されていない。

ご興味のある、風俗店様はお気軽にお問い合わせ下さい。